農薬取締法と天然粉

農薬取締法

昭和二十三年七月一日法律第八十二号)

(目的)
第一条 この法律は、農薬について登録の制度を設け、販売及び使用の規制等を行なうことにより、農薬の品質の適正化とその安全かつ適正な使用の確保を図り、もつて農業生産の安定と国民の健康の保護に資するとともに、国民の生活環境の保全に寄与することを目的とする。

(定義)
第一条の二 この法律において「農薬」とは、農作物(樹木及び農林産物を含む。以下「農作物等」という。)を害する菌、線虫、だに、昆虫、ねずみその他の動植物又はウイルス(以下「病害虫」と総称する。)の防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤(その薬剤を原料又は材料として使用した資材で当該防除に用いられるもののうち政令で定めるものを含む。)及び農作物等の生理機能の増進又は抑制に用いられる成長促進剤、発芽抑制剤その他の薬剤をいう。


2.前項の防除のために利用される天敵は、この法律の適用については、これを農薬とみなす。

3.この法律において「製造者」とは、農薬を製造し、又は加工する者をいい、「輸入者」とは、農薬を輸入する者をいい、「販売者」とは、農薬を販売(販売以外の授与を含む。以下同じ。)する者をいう。

4.この法律において「残留性」とは、農薬の使用に伴いその農薬の成分である物質(その物質が化学的に変化して生成した物質を含む。)が農作物等又は土壌に残留する性質をいう


農薬取締法です 私たちの健康や安全を護る法律

今の農薬・殺虫剤とは・・戦争の化学兵器として

人(兵士)を殺害する目的で造られた危険な毒物です

余りにも残酷で無差別殺戮の為、戦争でも禁止に成り

毒ガス企業は農作物の病害虫への殺戮へと方向転換

中身は毒に変わりなく自然の生態系を狂わせています

当然この様な危険なものの使用は規制されなければ

成らない事は、私たちが健全に生活する上でこの法律

は自然の生態系に必要なものだからです。



画像天然粉とは



原材料は何処にでも在る、ありふれた貝殻と岩です

自然界に自然に存在するもので危険性は無いもの

これ等は化学的に造られたものでは無いので浜辺や

岩の上で遊んだり、風化して土に還ったりする自然物

ですから何等の法に規制されるものでは有りません

五年程前に偶然に毛虫やアブラムシに懸けた処・・

瞬間に動きが止まりました。毛虫はニ~三日で収縮

アブラムシは一週間程で色が変わりポロポロと落ちて

行きます しかし周りに居る蜘蛛や蝶の幼虫たちは

平気で活動しています。この現象は一体・・何故か

自然環境に身近に在る無害のものに、こんな効能が

在る事は世界中の何処を探しても無いのです。 

金魚等の水にも入れていますし私は三十年以上に

亘り飲んでもいます。直に筑波の植物防除の機関へ

連絡したのですが、十年間の研究と費用が必要との

事でしたので 農水省の農薬対策室へ出向き説明し

二人の係長さんから普及販売の了解を得ました。

天然の自然物で有り合成された化学物質とは違い

薬事法に規制されるものでは無い事、薬剤不要の

自然の持つ物理的な特性なのですから・・

私たちが知らなかった新な事象を発信しています。

それでも何か問題が在る様でしたら皆様のご意見

宜しくお願いいたします。


"農薬取締法と天然粉" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント